<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシック

ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。 適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
手術の前はメガネを使った生活をして、正確に適性検査を行うための準備をしておきましょう。

 

レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えることが出来る眼かどうか」「眼に病気や疾患は無いか」などを検査をします。

 

レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
この適性検査には約2〜3時間必要となりますので、時間に余裕のある日に検査の予約を入れておくようにしましょう。



<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシックブログ:20181102

みなさま
こんちわ^^

ダイエットのための
簡単なストレッチってたくさん紹介されていますが…

ストレッチをすることで
ダイエットを成功させるポイントは、
できるだけ簡単なストレッチを行うということ!

そのためには
毎日楽しく簡単に続けられる
ストレッチを習慣付けることが大切だと思います。

ただ、
簡単ストレッチといっても
間違った方法で行っていたのでは、
ダイエット効果は望めません。

それどころか、
関節を痛めてしまう!なんていうこともあるので
安全なストレッチを正しく行うようにしましょう。

ストレッチって
リズミカルに体質を動かしたほうが効果的と思われがちですが、
リズミカルに勢いで関節を伸ばしてしまうと
関節の限界を超えてしまい、
逆に関節に痛みを感じてしまうこともあります。

なので、
ストレッチの際は
適度に関節を伸ばすことが大切です。

ダイエット効果を高めるためにも、
正しいストレッチ方法を知っておくべきですね。

ダイエットのための
簡単ストレッチの正しい方法については…

まず、伸ばす前に深呼吸を数回行います。
心も体質もリラックスした状態で、
息を吐きながら、ゆっくりと筋肉を伸ばしていきます。

そして痛みの手前で止め、
そのポジションのまま深呼吸を行います。
その後ゆっくりと元の状態まで戻していきます。

激しい動きの無いストレッチは、
ダイエット効果が無いような感じがするかもしれませんが、
ダイエットのためにプログラムされたストレッチは
正しく行うことで、
無理なくダイエット効果を得ることができちゃうんですよ!

激しい運動はちょっと苦手!という人でも、
簡単ストレッチなら無理なく始めることができますよね。

・・・と、こんな事書いてみる