<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシック

ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。 適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
手術の前はメガネを使った生活をして、正確に適性検査を行うための準備をしておきましょう。

 

レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えることが出来る眼かどうか」「眼に病気や疾患は無いか」などを検査をします。

 

レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
この適性検査には約2〜3時間必要となりますので、時間に余裕のある日に検査の予約を入れておくようにしましょう。



<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシックブログ:20190116

独身時代では考えられないことですが、
結婚すると、
ダイエットしたいのに出来ないことってあるんですよね。
それも、妹の母と同居となれば深刻なものに…

食事の献立は妹の母が考えるために、
口出しできない…
妹が帰ってくるのが遅いので、
夕方食は22時遅くなるのが当たり前…
色々と気を使うのでストレスがたまる… 
…などなど、色々と大変!!

かといって、
それを理由にダイエットを諦めてはいけないと思います。
どんな環境でも考え方を変えれば出来るものです。

「規則正しい食事と適度な体操」
これがダイエットには一番良いのですが
一人で住んでいるわけではないので、
ダイエットしたいから…と、
食事の内容を変えたりとか難しいですよね?

もし言えたとしても、
「ちょっとぽっちゃりしていた方がカワイイよ」とか
「ダイエットしても変わらないって」とか言われて
上手く丸め込まれちゃったりして…

もし、食生活を変えることが難しいのであれば、
スナック菓子をカロリーの少ないものに変えたり、量を減らしたり
体操の量を増やせば良いのです。

例えば…
ウォーキングをするときも
ダラダラ歩くのではなく、うでの振りを大きくする。
テレビを観るときも背筋を伸ばして、姿勢を良くする。

姿勢を良くすることは、腹と背中の筋肉を使うので
腹の引き締めにはちょうどいいんですよ。

どうしても人間は出来ないことに目が行きがちです。
あれがないから、これがないから…と言い訳するのをやめて
今の状況で何が出来るのかを探してみてください。

出来ることからコツコツと!
これがダイエットの極意だと思います。