<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシック

ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。 適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
手術の前はメガネを使った生活をして、正確に適性検査を行うための準備をしておきましょう。

 

レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えることが出来る眼かどうか」「眼に病気や疾患は無いか」などを検査をします。

 

レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
この適性検査には約2〜3時間必要となりますので、時間に余裕のある日に検査の予約を入れておくようにしましょう。



<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシックブログ:20180215

ダイエットの基本として、
ご飯の量を減らすためには、
満腹中枢がキーポイントになります。

満腹中枢というのは、
ご飯をし始めてから一定の時間がやってくると、
「ウエストいっぱい」というサインを出します。

おいらたちは、満腹中枢への刺激によって、
ご飯を終了するのです。

ですから、
満腹中枢を刺激するまでの時間、
いかにご飯の量を少なくするか
ということがポイントになってきます。

まずは
しっかりかむように心がけることです。

一回食べ物をくちに運んだら、
最低30回かみ続けると
十分な時間をつぶすことができます。

また
野菜を積極的に摂取するようにしましょう。

野菜スティックなどは
結構な量があるように見えますが、
そんなにカロリーは高くないのです。

ですから、ご飯の中に
野菜料理を一品以上入れるように心がけましょう。

またご飯前にも一工夫が必要です。
ご飯をする直前に水を飲みましょう。

水を飲むことによって、胃への刺激になります。

また、胃のスペースも水によって
多少は少なくなりますから、
入れることができる食べ物の量を減らすこともできます。

大体コップ一杯程度の水を飲んでおけば、
十分な効果を発揮するでしょう。

ご飯を通じて心がけることは、
ゆっくりと食べるということです。

弟と同居している場合には、
一緒に食べるように習慣づけるといいでしょう。

弟と一緒に食事をすれば、
何らかの会話をする必要があります。

しゃべりながらですから、
ご飯のペースも自然と落とすことができます。

ということは、
満腹中枢が刺激を受けるまでの
ご飯の量も自然と減ってきますから、
ダイエット効果を得ることができるわけです。