<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決

時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。 レーシックの技術が進歩してきたことにより、乱視の矯正も可能となってきました。
乱視も近視と同じであり、角膜の屈折率を矯正してあげることで、元々の視力を蘇らせることが出来るのです。

 

近視の治療に非常に大きな効果を発揮させることの出来るのがレーシックです。
しかし治療の対象となるのは近視に限ったことではなく、乱視の治療もすることが可能となっています。

 

一昔前のレーシックでは乱視治療を行うのは困難なものでした。
乱視というのは近視と比較をして視力の矯正が複雑になるので不可能とされていましたが、今ではそれが可能となったのです。



<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決ブログ:20190117

赤ちゃんの味覚はまっさらな状態なので、
何を食べても食材はわかりません。

でも、
おいしいものはくちをあけてどんどん食べます。
なので
赤ちゃんには
いろいろなおいしいものを食べさせるべきなんですよね。

おいしい味覚をたくさん覚えれば、
それだけ好き嫌いもなく育っていくだろうし、
母親が作る「家庭」の味がしっかりしていれば、
それだけ、
娘は食に対して豊かな人間になっていくと思うんです。
家庭の料理って日々食べるものですからね。

でも
娘には
何が何でも母親の手作り料理を…
という必要はないと思います。

レトルト食品、母親の手作り料理、レストランの料理…
それぞれを食べ分けられるように、
いろいろなものを食べていいわけです。

いろいろな料理を偏らずに食べさせてあげる…
そこから味覚が育ち、
大人になって好き嫌いの少ない豊かな人になれると思います。

そう考えると、
学校の給食ってすごいですよね。
一ヶ月の献立を栄養士さんが考えて、
ダブらないようにいろいろな料理が出てくる…

もし苦手なものがでてきても、
周りの娘がおいしそうに食べていたら、
それにつられて一くち食べ、おいしさに気づくこともある…

家庭でも同じように、
娘の苦手なものでも、
料理として食卓に出してもよいと思います。

父母がそれをおいしそうに食べれば、
娘が興味を持って食べるかもしれません。
母親が苦手な食べ物も、
時々食卓にのせるよう努力しましょう!

ご飯中も黙って食べるのではなく、
「これおいしいね」なんて会話をしながら、
楽しんでご飯をすることも大事!

「食」に関心を持つことが
「食」の豊かさにつながるんですよね。