<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用

<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用



<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用ブログ:20131101


減量についていろいろと調べていると
「停滞期」という文字を目にすることがありますよね。

減量の停滞期というのは、
頑張って体操したり食事制限したりと努力しているのに
体重が一時的に減らなくなってしまう時期のことです。

減量の停滞期は、
人間の肉体に本来備わっている、
生命維持機能であるホメオスタシスという、
危機管理システムによって起こるといわれています。

つまり、
肉体を守るために食事量を減らしても、
体重を維持してしまうシステムなんです。

肉体がエネルギー不足と判断し、
少ない食べ物でも効率的に利用できる肉体にしてしまいます。

なので、
余り食べないのに、
体重が減らないといった状態になってしまうわけです。

この減量の停滞期は、
個人差はありますが約1ヶ月程度あると言われています。
減量を成功させるためには、
この1ヶ月を上手に乗り切ることが大切なんです。

体重の5%以上体重が減ると
減量の停滞期が訪れるといわれています。

停滞期が1ヶ月ほど続くと
肉体の危機管理体制が解除されて停滞期が終わり、
また次の停滞期まで
体重を減らしていくことができるようになります。

停滞期だからといって
あせらず、あきらめず、根気よく
減量を継続することが大切です。

停滞期に減量を中止すると
リバウンドを引き起こしてしまいます。

減量開始前よりも
体重が増えてしまったり、
痩せにくい肉体になってしまうので、
停滞期中でも減量を続けることが大事なんです!

<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用

<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用

★メニュー

<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください
<レーシックガイド>レーシック選びに口コミサイトを活用
<レーシックガイド>なんと交通費を貰えるクリニックもある
<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある
<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用
<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第
<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシック
<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決
<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう
<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)現在考えられる最新のレーシック