<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ

まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。 ドライアイは目薬をさしていくことによって自然に治まる場合が多くなっています。
元々ドライアイの人だったとしましても、適性検査で合格をすればレーシック手術は可能なのです。

 

レーシックとドライアイの関連性についての知識をまずはしっかりと理解しておく必要があります。
実際ドライアイの人というのは、レーシックのクリニックで細かなところをいろいろと相談してみるようにしましょう。

 

ドライアイというのは眼の水分が少なくなり眼が乾いてしまう状態のことを言います。
レーシックというのは角膜を削ることになるので、角膜には眼の水分を調節させる神経が多くあることからレーシック後にドライアイを引き起こしてしまうこともあるのです。



<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイブログ:20180216

ダイエット中、最も気をつけるべきなのは、
ご飯の内容ですよね?

いかに脂肪分の少ない、もしくは糖分の少ない
ご飯メニューにするかということに
苦心している人も少なくないことでしょう。


カロリーコントロールを常に心がけることは、
ダイエットにとって、非常に重要なことではあります。

しかし一方で、
あまりにもストイックにダイエット法を実践していると、
なかなか長期戦に耐えられなくなってしまうんですよね。

ダイエットをしようという人は、
もともと食べることが好きな人が多いはずです。

食べることが好きだからこそ、摂取カロリーが多くなってしまい、
ダイエットが必要な体型になるわけですから…

なので、ご飯を制限するということは、
苦痛になってしまう可能性が非常に高いといえます。

あまりに極端な制限をすると、
心理的なストレスを増大させてしまう恐れもあります。

そこで、ダイエット中でも、
定期的に力を抜く期間を入れる習慣をつけてみるのはどうでしょうか?

例えば、7日間に1回や2回、
自由に何を食べてもいいような習慣をつけてみることです。

7日間に何回か、
ダイエットの厳しいメニューからいったん離れて、
自由にご飯をすることができれば、
その日まで頑張ってみようという気持ちが起きますよね。

ダイエットは先の見えない戦いですが、
自由な日を設定すれば、
そこまで頑張ってみようという気が起きるはずです。

7日間のうちに一回でも、
そういった日を設定すれば、先も見えるからです。

ダイエットは長期戦です。

あまり最初からギアを全開にして実践をするのは長持ちしないので、
お勧めの方法とは言えません。